海外留学のおもひでポロポロ

海外留学おもひでポロポロ

私はアメリカ合衆国へ

留学していました。それ以前にも他の国に留学していましたが、文化、人柄、経済など総合的にみてアメリカにより興味を持ったことを覚えています。そのほかにも、その地域の治安、生活費、語学学校や大学の授業料も前もって調べました。しかし、一番の決め手は、日本人が少ない場所で英語を勉強できるところを探しました。そうなると、限られてくるので心構えはすぐにできました。 留学直後からハプニングはありましたが、語学学校ではいろいろな国の友人に出会えましたし、大学に進んでからは大変な苦労をしましたが、日本にいたら一生味わえない経験ができました。

オーストラリアに

留学しました。高校生の時、姉妹校がオーストラリアにあり、それを理由にその高校へ進学し、更に高校で、留学のテストを受け、オーストラリアへ留学しました。 田舎の学校から留学したせいもあるかもしれませんが、海外の学校は大人っぽい子達が多く、とてもびっくりしました。そして、一人一人が自分の意見を持っている事にとても驚かされました。当時、友達と何でも一緒じゃないと不安だった私はこの経験から、自分の意見を通してもいいんだ!と言うふうにすごく楽になりました。

高校を卒業してから

アメリカのカリフォルニア州に自分の専攻と英語の勉強のために大学留学をしました。イギリス英語よりもアメリカ英語の発音が好きだった事と、カリフォルニアの暖かい気候に憧れてアメリカ留学を決意しました。最初は周りの人が日本語以外の言語を話している事にとても感動しましたが、思っていたよりもアジア人やメキシコ人が多くそれぞれの言語を話していたため、英語だけではなく他の言語も少しずつ勉強する事が出来、アメリカのカリフォルニア州だからこそ出来る事なんだろうとしみじみ感じました。ただ、日本人も多いため英語を話す機会が少なくなってしまったなとも感じました。

オーストラリアの

シドニーに留学しました。 選んだ理由は、日本にはない広大な大地と自然に惹かれたからです。 オーストラリアは多くの国から移民を受け入れており、大変インターナショナルな国でした。 その為、英語だけではなく、その他さまざまな言語に触れることが出来ました。 また、文化、食生活、宗教等も皆さまざまで、日本にいたら絶対に体験することの出来ない色々な国の風習に触れることが出来ました。 目的は英語習得でしたが、色々な国の人に触れることにより、それ以上に貴重な体験が出来て、大変充実した日々でした。

ニュージーランドに

留学経験があります。その国を選んだ理由は、まず第一に治安の良さです。 留学してみて、ホントに治安の良さは保証できるくらい良かったです。あと、人もあたたかいし、バス停でバス待ってたら、よく、どこからきたの? 何の勉強してるのって聞かれました。英語の勉強で留学してるので、学校の勉強は勿論ですが、外でのネイティブの方とのコミニュケーションも大切だと思うので、ニュージーランドに留学してよかったなって思ってます。

カナダ、バンクーバーを

選び語学留学しました。 当時ワ-ホリで行ける英語圏は、イギリス、ニュ-ジランド、オ-ストラリア、カナダの4か国でした。 イギリスは年齢的に不可で対象外で、ニュ-ジ-ランドは物価どの国よりも安かったので金銭的には魅力がありましたが、食べ物がおいしくなさそうと言う理由で消去、オ-ストラリアは以前観光で訪問したことがあり、将来住みたい国の候補にしていたので今後のお楽しみという事で消去しました。 カナダのトロントは一度訪問したことはあり、住みやすいが食べ物はイマイチの印象でしたが、バンク-バ-は気候もよいところで、トロントとは離れているので食べ物もおいしいだろうという事でここに決めました。実際住みやすい街で治安も良かったです。レストランはイマイチでしたが、、、 自炊するならば日本のコンビニもあり日本食を作るのには困りませんでした。 留学事態は自分が成長できた大きなきっかけとなり行ったことには大変満足です。 しっかりと目標をもってそれを成し遂げれば自信にも繋がり、 今後の人生に生かせる経験ができると思います。

アメリカのボストンに

留学しました。その国を選んだ理由は、大学の姉妹校がアメリカにあるからです。留学してみての感想は、アメリカという国が好きになりました。特にボストンは自然も多く、ニューヨークのような都市ではないので住みやすい田舎でした。移動手段は電車がメインですが、買い物はスーパーなど近くにあったのでしやすく、街にも出やすかったです。美術館や博物館、大きな公園もあるので毎日飽きませんでした。また機会があればぜひ行きたいです。

留学した国はイギリスです。

綺麗なイギリス英語を学びたくてロンドンを選びました。留学期間中は語学学校の様々な国の新しい友人たちに出会い、異文化交流ができましたし、ホストファミリーのイギリス人夫婦もとてもいい人たちで、宿題を手伝ってくれたりしました。ロンドンはとても大きな都市で見るところも遊ぶところも沢山あり、1年間の留学はあっという間に過ぎました。語学だけでなく、様々なことが学べた有意義な1年でした。

中国の蘇州へ

1年間留学しました。中国語の響きが好きだというだけの理由ですが、大学で中国文学・語学を専攻し、一度住んでみたいと思い、留学を決めました。 語学面では、現地で生活するというのはやはり一番の進歩の近道だと実感しました。ほとんど中国語を話せない状態で行きましたが、帰国する頃には日常生活には全く困らない程度になることができました。1年間という短い期間でしたが、友人もでき、少し長めの旅行もでき、留学して本当に良かったと思っています。

留学した国はアメリカです。

高校の時に交換留学で1年間のみ留学しました。アメリカを選んだ理由は、中学生の時に親の仕事で1年ほど滞在したこともあり、アメリカに知り合いもいたし、学校の制度もよくわかっていたからです。また英語圏かつアメリカ英語の方が好きだったからアメリカを選びました。留学してみての感想ですが、ホストファミリーの所に滞在だったので、最初はなかなか慣れなくて大変でした。都会でしたが、ほとんど日本人と会うこともなく学校にも一人もいなかった為、英語の上達は早かったので良かったと思いました。